簡単な仕掛けで根魚釣り

近くに、磯やテトラッポットなどがある海なら、 非常に簡単な仕掛けでソイやカサゴといった、いわゆる根魚という魚が狙えます。

カサゴやソイと呼ばれる魚は日本全国どこにでも生息する魚なので、その地域にしか生息しない魚などに比べ 非常に釣りやすい魚となっています。

ソイやカサゴを釣る為の仕掛けを紹介します。

釣りには竿とリールが必要ですが、用意するものはあまり高価なものでなくてもかまいません。

竿に関しては、カサゴなどは引きが強いので、あまり細い竿だと折れてしまうかもしれませんので、 多少丈夫なものを選びましょう。

糸に中通し型のオモリ(5〜10号位が丁度良い)を通し、糸の先にサルカンを結びつけます。

そして先ほど結びつけたサルカンに、ハリスつきの針を結びつければ完成です。

エサは、ゴカイやオキアミでも良いですし、磯に落ちているような貝の身などをつけても良いです。

ソイやカサゴはテトラポットの隙間や岩と岩との間に隠れていますので、 先ほどの仕掛けをそのあたりに投入すれば良いです。

ソイやカサゴは身が淡白な白身で、非常においしい魚ですので、釣っても良し食べても良しの非常に魅力的な魚です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.worcruft.com All Rights Reserved.