印鑑証明というのはある印鑑が実印として効力

愛車を売却する場合や、さらに愛車の売買の際も印鑑証明がなければなりません。青汁の効能ガイド

この印鑑証明に関して説明していきます。かわいいベット

印鑑証明というのはある印鑑が実印として効力を持つという事実を保証する目的の書類です。アンダーヘア脱毛サロン

印鑑証明書がない場合には、その印鑑が実印として効力を持つということが証明できません。ビーグレン

大金が動く売買になる愛車の売却ですから、どうしても実印が必要になりますがその時に印鑑証明という書類が要るのです。

印鑑証明という書類を実際に発行するためには、あらかじめ印鑑証明することが必要です。

書類に登録する印鑑は実印といい世界で唯一のハンコであることが必須です。

この印を持って市役所などの取次ぎ所に行くことで、印鑑登録の手続きができます。

手続きが終わると印鑑登録カードがもらえて、印鑑登録をした印鑑は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、市町村役場の取次ぎ所で専用の用紙に必要項目を記載して印鑑登録カードを持って行くだけで大丈夫です。

また、自動交付機で印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはないのです。

ですから、いつの印鑑証明であろうが証明書としての効力はあることになります。

しかしながら、自動車買取の際は必須条件として三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

ほとんどのケースで有効期限を気にする必要はないのですが中古車の買い取りの時は買い取り先が必須となる有効期限を決めているので仮に車両の買取を予定しているとしたら手放す前に準備しておくとスムーズに進みます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.worcruft.com All Rights Reserved.