www.worcruft.com

お風呂に入るときには、安全に入浴できるように気を使ってみるとよいでしょう。 まず、入浴を行う時には、脱衣所を充分に暖めておく必要があります。 脱衣所が寒くなっていると、入浴したときの温度差により体調が悪くなってしまうこともあるのです。 特に高齢者の場合、この気温の変化により、重大な病気を発症してしまうこともありますので、脱衣所を暖めておくようにしましょう。 さらに、実際に入浴する時には、浴槽に入る前に体を洗っておく必要もあります。 体を洗わずに入浴してしまった場合、浴槽のお湯を汚してしまいます。 まだ一人の場合にはいいのですが、その後家族も入浴する場合には、汚れがあることで衛生的にお風呂に入れなくなってしまいますので、浴槽に入る前には体を洗って汚れを取り除いておくとよいでしょう。 これらの点に気をつけながらお風呂に入ることにより、体調の面も気にすることなく衛生的にお風呂を楽しめるようになってくるのです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.worcruft.com All Rights Reserved.